射精管理されたい!貞操帯で調教してくれる女王様の出会い系サイト掲示板募集方法とエッチな体験談

ejaculation-management6

「バカにしながら射精管理をしてくれるお姉さんと出会いたい」
「貞操帯をつけて射精を管理してほしい」
「射精管理をしてくれる女王様に調教されたい」
「焦らされながら興奮する射精管理をしてくれるセフレを作りたい」

と考えているセックスよりも射精管理が大好きなM男は多いのではないでしょうか。

そんな「調教されたい願望のある射精管理好きな男性」のために、

「射精管理をしてくれる女性と出会う・知り合う方法と出会い系サイトの掲示板募集方法、そして実際にあった射精管理のエッチな体験談」

をご紹介します。

射精管理をしてくれる女王様に出会うための募集募集方法とエッチな体験談

ejaculation-management1

射精管理をしてくれる女性と出会える方法や、効果的に募集するコツはあるのでしょうか?

実際に、自分の性癖を満たしてくれる射精を管理してくれるようなお姉さんと出会えたり、定期的に貞操帯をつけられ射精管理調教してくれる痴女と奴隷関係になれた経験者の「射精管理をしてくれる女性とうまく出会えた方法」「募集するコツ」「実際のエッチなプレイ内容」の体験談や感想を紹介します。

20代/男性
ごく普通に付き合ってた彼女に管理されていた体験談です。

私はイジメられるのが大好きなドMなので、それを知ってる彼女がプレイの延長でしてくれてました。
もちろんオナニーは禁止で、エッチもするけど射精は3週間に一回、それ以外の射精は絶対許されません。

管理方法としては、毎日パンツの裏側写メで報告。
溜まってるのに射精できない辛さは大変なものでした。

3週間に一回の射精の時も、直ぐに出そうなのをひたすら我慢し、寸止め寸止めで漏らしちゃう事も。
漏らしちゃうとそれ以上の射精はさせてもらえないので、漏れた時は1番悲惨でしたね。

漏らしちゃった時が過酷な管理の時となり、毎日彼女の所に行き射精してないかチェックを受け、その後フェラと手コキでギリギリまでされて我慢。
ここで漏らすと貞操帯登場。
貞操帯は鉄製の鍵付なので、ちんこを立たせる事も出来なく苦痛の日々。

貞操帯は1週間で取らせて貰えるけど、1週間は誘惑の嵐で、普段履かないTバックを履いて見せてくるので興奮したくなくても興奮してしまいます。
しかし、ちんこは立たせると貞操帯で痛いから他の事を考え無を貫き通そうと努力。

彼女は根っからのSなので、努力すればするほど過激になり、貞操帯の中でちんこが立ってくのを楽しそうに見てました。
貞操帯を取った時だけはご褒美で中出しが許され、それだけが唯一の楽しみでした。

30代/男性
30歳で彼女いない歴=年齢のサラリーマンの僕は、満員電車でいつもやり場のないムラムラに苦しめられた。

いつも僕と同じ駅から乗る1人の女子高生。
到底僕には手が届かないほど整った顔立ちをしている。
涙袋とえくぼが可愛いショートカットだ。
毎日この子のせいでムラムラする。

同じ駅で乗るのだからいつも体が密着するのだ。
そしてある日、ついに魔が差した僕は彼女のスカートに手を入れ、陰部を撫でた。
彼女は驚いたのかビクッすると強く手すりを握った。
抵抗出来ないと思った僕は降りるまで行為を続けた。

しかし電車を降りると事件は起きた。
普段は降りないはずの彼女も降りていて、僕の手を引っ張ったのだ。
「いいから来て。でないと警察呼ぶよ」と小声で言われた僕は急に罪悪感に見舞われ、抵抗出来ずに彼女に従った。

連れてこられたのは人気の無い公園で、着くなり彼女は僕と一緒にトイレの個室に入った。

「ねぇ痴漢さん。ズボンとパンツ脱いで」
「はい」

言われるがままズボンとパンツを脱ぐ。

先ほどまで興奮していたのでいつも以上に大きくなった僕の性器があらわになる。
「警察にいったら貴方の人生が狂っちゃうから、チャンスをあげる」 彼女はにっこりと笑うと僕の性器を握った。

「今から30分間、私は貴方の性器で遊ぶ。でも射精したら警察行き」
「わ、わかりました」

彼女は強気な顔で手コキを始めた。
初めて他人に性器が攻められるのは興奮を覚えた。
すぐに僕はイキそうになり、直ぐさま母親の顔を思い浮かべてなんとか5分間続いた手コキを耐えた。

「頑張るね。次は」
僕の性器が彼女の口に入る。
夢にまで見たフェラだ。
舌と唾液で攻められ、あまりの快感に「ヤバい!」と思ったが矢先だった。

僕の性器から温かい液体が出たのが自分でも分かった。
「あーあ」 彼女は残念そうに僕の性器から口を離すと言った。

その際しっかりと僕の精液が彼女の口の中にあるのが確認出来た。

「貴方の負けですね。でも私は優しいので、もう一度チャンスを上げましょう。今日から1週間、毎日このトイレに集合ですよ」 彼女は悪巧みするような笑顔で言うと、僕の精液を吐き出しトイレを後にした。

20代/男性
自分がまだフリーター時代だった23歳に、出会い系サイトで出会った年上の女性に一時期射精管理プレイをされていたことがありました。

お相手の女性は、出会い系サイトには珍しい感じの大人しめのOLさんだったのですが、仕事でストレスがたまり、ストレス発散目的で虐めてもいい男性を探していたそうです。

射精管理といってもまずは通常のエッチをしたのですが、その時からやけに男性器を弄るのが上手だったり焦らしプレイをしてきました。
そして、ある日突然に「射精管理をしたい」と言ってきました。

最初のうちはオナ禁だけだったので、一週間毎にご褒美としてのエッチをさせてもらいましたが、ついにというか男性用の貞操帯というものを出されてきて管理されてしまいました。

剃毛をされてペニスカバーを付けられて、長い時では一か月ほど鍵を預けておあずけプレイをされました。
また毎日自撮りのエッチな写メを送ってくれたのは嬉しかったのですが、オナニーが出来ないというのは本当につらかったです。

一回だけ夢精をしたりもしましたが、最終的には一か月後の射精に本当にメロメロになってしまいました。
現在は残念ながら別れてしまったのですが、性癖に関してはやはり出会い系サイトではオープンに話してみるのがいいと思いました。

30代/男性
今の妻と出会ったのはお互い20代の頃で、当時は清楚なイメージが強かった妻も、今では恐妻家として君臨しています。
30歳になったばかりの私も、男だというのに妻に逆らえないでいます。
その証拠として挙げてもいいのが、妻の私に対する射精管理の実態です。

結婚する前から束縛が激しかった妻は、結婚後も継続して束縛が厳しくなりました。
仕事でヘトヘトになって帰った私のズボンをいきなり脱がし強引に手コキするのです。

最初はセックスがしたいのかと思っていたら、「あなたが浮気しないように精液を抜いてるの」と言い出したのです。
それから毎晩私は妻のマンコ、もしくは手によって射精管理をされているのです。
割合で説明すると手コキの方が多いです。

しかも最近妻が覚え始めたのが、焦らしを交えた手コキで、私がイク瞬間を把握したようで、その度に寸止めしてくるのです。
私は妻に何度も「いいかげんイカせてくれ」とお願いするのですが、最低でも3回は寸止めされるので、妻の指には透明な我慢汁が溢れてしまうのです。

そして、妻の管理はどんどん厳しくなり、ついには、自分で射精ができないように貞操帯をはめられるようになりました。
さすがに初めは抵抗しましたが、次第に逝きたいのに逝けない感覚に興奮する体になってしまい、貞操帯をはめて射精を管理されています。

長い時には一ヶ月以上も射精をオアズケされることもあり、出したくてどうしようもなくなることもありますが、いっぱい我慢して逝かせて貰う快感が止められず、今日も人にバレにくい貞操帯をはめて仕事をしています。

ejaculation-management2

実際に射精管理をしてくれる女性と出会えた・知り合えた方法は、

  • Sの彼女と付き合い、M男であることを打ち明ける
  • 出会い系サイトで知り合う
  • 妻に管理してもらう

などでパートナーと出会っているようですね。

ただ、彼女や妻に性癖を打ち明けてお願いしても、相手が根っからのSな痴女でない限り、うまくいくケースはほとんどないと思います。

また、どうせなら彼女や妻以外の女性に特別な射精管理をしてもらいたいものですよね。

では、射精管理をしてくれるような女性と知り合うための、オススメな出会う方法とは何なのでしょうか。

誰にでも出来るオススメの出会いかたは、ネットを使った出会い、「出会い系サイト」を使って出会う方法です。

出会い系サイトを使って射精管理をしてくれる女王様と出会う・募集する方法

ejaculation-management5

出会い系サイトであれば、登録している人は、「何かしらの目的で出会いを求めている」ため、その中から簡単に

「射精管理好きなドS痴女」「M男を調教したい女王様」

などを見つけて出会うことができます。

⇒特殊性癖の人と出会える「出会い系サイトランキングTOP3」はこちら

そのような女の子を探す方法は、出会い系サイトの「プロフィール検索機能」を使うと、誰でも簡単に見つけることができます。

見つけ方はプロフィール検索窓に、

  • 射精管理
  • 女王様
  • S女
  • 調教したい
  • M男好き
  • 痴女
  • 管理
  • 調教
  • 貞操帯
  • 寸止め
  • オナペット
  • SM
  • 奴隷
  • 奴隷募集
  • 女主人
  • 虐める
  • 焦らし
  • 焦らしプレイ
  • 拘束具
  • 言葉責め
  • 強制射精
  • 射精奴隷
  • 潮吹き
  • ちんぐり返し

などの、

「射精管理をしてくれる女性がプロフィールに書きそうなキーワード」

を入力すると、

「射精管理に興味がある痴女」「M男を調教したいS女」

がずらっと一覧で出てきます。

例えば、実際に「射精管理」で検索してみた画面の一部はこの通りです。

ejaculation-management7

ずらっと「射精管理をしてくれる女性」が出てきます。

このような女性に対し、「自分好みの射精管理や性癖」と正直打ち明けると、かなり高確率で出会うことができます。

また、相手も男性を攻めることが大好きなので、相性が良ければそのまま「専用奴隷」として、定期的な関係を持つことができます。

射精管理や調教に興味のあるようなSっ気のある女性は、大好物なM男を探すために出会い系サイトを使って、こっそりと射精管理されたいM男を見つけています。

ejaculation-management4

また、ネットには個人で運営しているような募集掲示板もありますが、誰でも登録できるため会員の質が良くありません。

もし何かトラブルがあったとしても、運営者は一切責任を負ってくれないので、危険な目にあってしまうこともあります。

それに比べ、出会い系サイトに登録している人は、募集掲示板より質の良い会員が多く、トラブルに巻き込まれることもほとんどありません。

もし万が一何かしらのトラブルに巻き込まれてしまっても、しっかりとした会社が運営しているため、サポートセンターに相談したり通報ができます。

また、出会い系サイトで知り合うメリットとしては、初めからお互いの友達や知り合いがいないため、職場などでパートナーを作るよりもお互い身バレリスクがなく、かつ自分の性癖を全てさらけ出せるため、安心して肉体関係が続けられます。

先ほどの検索画面は、いま出会い系サイトで

最も女性の会員数が多く、射精管理をしてくれる女性と出会える確率が一番高いサイト

と言われている大手出会い系サイトの「PCMAX」(R18)です。

PCMAXであれば、国内最多の1000万人もの登録ユーザーがいるため、

簡単に「射精管理をしてくれるお姉さん」を見つける事ができ、

出会うことができます。

⇒特殊性癖の人と出会える「出会い系サイトランキングTOP3」はこちら

hand-job6

PCMAXで出会えなければ、

「他の出会い系サイトや婚活サイトでは出会えない」

と言われているほど、「PCMAX」(R18)ではほとんどの男性が、自分の理想のタイプの女性や男性と出会えている実績があります。

運営実績も15年以上もあるサイトなので、サクラを徹底的に排除しているサクラゼロの安全に利用出来るサイトです。

男性であれば、今なら登録するだけで、無料ポイントを1,000円分もらえますので、非常にお得です。

1,000円分あれば、そのポイント内だけでも最低一人は実際に会うことができますので、

「とりあえず無料で試しに使ってみる」

という使い方もできます。

登録は2分ほどで完了しますので、

「射精管理をしてくれるお姉さんと安全に出会いたい」
「調教好きの素人痴女や女王様の奴隷になりたい」
「誰にもバレずに自分の性癖を解放できるようなパートナーを見つけたい」

と思う人は、無料ポイントがもらえるうちに、今日からでも簡単に行動できる「出会いのきっかけ作り」を始めてみましょう。

⇒特殊性癖の人と出会える「出会い系サイトランキングTOP3」はこちら